Photoshop使用時の効率的なスライス

HTMLコーディングにおけるスライスの効率は、PhotoshopよりFireworskの方が断然上だと思ってます。
オブジェクトを複数選択して、ショートカットで一気にそのオブジェクトのサイズにスライスできますし。
しかし、画像を書き出す時のレンダリング能力という点では、やっぱりPhotoshopに軍配があがると思います。
微妙なグラデーション部分を両方のアプリケーションで書き出し比べたらわかりやすいかもですね。
Photoshopで新規ページをスライスする場合は、普通にスライスツールでやるのが効率いいと思いますが、
このパーツだけ書き出したいという時や、そのパーツに修正が入って書き出し直しが必要なときとかは、
スライスの代わりに切り抜きツールでトリミングして、別名保存して、Web用に書き出しした方がが効率いい気がしてます。
うまいことバッチ作ったら更に効率的かも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です