WordPressのプラグインとかの自分用メモ

WordPress.org でログインしてると

WordPress.org でログインした状態で プラグインをお気に入りに入れとくと、
プラグイン追加のときに、一覧で出てきてくれるので、便利っちゅー話は割と有名な話だと思います。

割と最近同じようなのばっかりインストールしてるような気もするので、
自分もメモ兼ねて晒してみようかと。

あくまでベースとなるプラグインで案件で変わるとは思いますし、
これに載ってたプラグイン入れたら云々は、自己責任ですー。

そして、このテーマで Snow Monkey Editor や Snow Monkey Blocks がどう動作するのかのテストも兼ねてるw

お気に入りに入れてるプラグイン

ご存知、Advanced Custom Fields  の無料版

複雑なカスタムフィールドが必要じゃない場合はこれだけでOK
Gutenberg になって、編集の自由度が増したので、編集者のスキル等によってより考えて使うようになったような気がする、カスタムフィールド

ローカルからテストサーバーへ
ローカルから本番サーバーへ
本番サーバーからローカルへ
まあ、この無料版だけではすぐ不足するんだけどね

上の All-in-One WP Migration でもバックアップ取れるけど
これだと、WordPress の cron で定期的にバックアップしてくれるんで

カスタム投稿タイプ、カスタムタクソノミー 作るときはまずこれ使ってる
書いて書けないこともない気もするけど、これ使ってる

「投稿」「固定ページ」「カテゴリー」「タグ」なんかをドラッグドロップで並び替え可能にするプラグイン

My Snow Monkey 使う場合は、my-snow-monkey.php に

add_filter(
    'snow_monkey_recent_posts_widget_args',
    function ($query_args) {
        $query_args['orderby'] = 'menu_order';
        $query_args['order'] = 'ASC';
        return $query_args;
    }
);

って書いとくと幸せになれるかもしれん
っていうか、ドラッグドロップ効かない場合に書いてみればいいかと

セキュリティを向上させるプラグイン

ひらがな 4文字入力させられるあれ

 Gutenberg のコンテンツブロック集

これあると、楽になるよねー

ブロックエディターを拡張するプラグイン

上とセットで使ってる的な

Snow Monkey Forms はブロックエディターのためのメールフォームプラグイン

確認画面必要だわーってクライアントさんに言われるときも便利

表示速度あげるためのやつ

キャッシュプラグイン沢山あるけど WordPress.com や WooCommerce で お馴染みのAutomattic 社が作ってるってことでまあ信頼性あるやろーと

正直、ここに載せるか微妙で考えたけどまあ載せておこう

All in One SEO とか他のプラグインやテーマ自体ででサイトマップ吐いてくれるのがあればいらないかな

投稿や固定ページも複製できる
Yoast SEO で有名な Yoast

有料のプラグインとか

WordPress の管理画面で検索しても見つからない系

上の一番目の Advanced Custom Fields の有料版

いつの間にか
サブスクリプションの料金 になっとる

Freelancer で10サイトで 年間149ドルかー

前はDeveloper ライセンス(自分はこれ)で100ドルで買い切りだったもんなー

Version 6 でどうなるんやろ?

上の All-in-One WP Migration の512MB 制限を無制限にするエクステンション

Personal で $69/once

Business だと $69/once + $29/month

Snow Monkey は Snow Monkey テーマの提供を含んだサービスを提供するサブスクリプション契約

テーマと、各種プラグインと、サポート系のサービスね

スタンダード:¥16,500 / 1年

プロ(年額課金):¥55,000 / 1年

Snow Monkey については、別のエントリーでそのうち書こうかな

Snow Monkey でも Intuitive Custom Post Order

みんな大好き Intuitive Custom Post Order
当然、順序入れ替えによく使ってるプラグイン。

そして最近、よく使ってる Snow Monkey

カスタム投稿タイプを、入れ替えたいなーって Intuitive Custom Post Order インストールしてみたけど、順序入れ替わらない。

あれー?って検索してみるとすぐに答えがあった。

Snow Monkey Blocks 「最近の投稿」「任意のタクソノミー」の表示される順番を任意に変更したい

カスタム投稿タイプでも、最近の投稿は、下記のコードを
my-snow-monkey.php に貼っとけばOK

add_filter(
    'snow_monkey_recent_posts_widget_args',
    function ($query_args) {
        $query_args['orderby'] = 'menu_order';
        $query_args['order'] = 'ASC';
        return $query_args;
    }
);

 

macOS Big Sur で、ローカルに Movable Type 7 をインストールして動かす

久々に、Movable Type ローカル環境が必要

えらい過去の投稿の
MAMPにMovableTypeをインストールするメモ【主にあの人用】

とかだと、MAMPでMovable Typeですが、「DBD::mysql」やら「Image::Magick」が云々がめんどくさい

2020年の6月の six apart さんのMovable Type公式ブログにある
MTの開発環境を簡単に作れる mt-dev を公開しました

これが最近の開発環境っぽい

https://github.com/movabletype/mt-dev/blob/master/README.ja.md

ここ見てエンジニアの人なら簡単にインストールできるのかもですが、ちょいと引っかかったりしたので、メモ

まず、Homebrew インストールしてるか?

ターミナルを立ち上げて

brew -v

インストールは、してたね当然。ついでに

brew update
brew upgrade

なんかもしておいた

brew doctor

したら、

Warning: Broken symlinks were found. Remove them with `brew cleanup`:

とか言われたので

brew cleanup

してまた

brew doctor 

したら

Your system is ready to brew.

だったのでホクホクして

brew cask install virtualbox

ってやったら、

Error: Unknown command: cask

検索したら、書き方変わったらしいので

brew install virtualbox --cask

そして

brew install vagrant --cask

当然 git は入れてるよねーって

git --version

バージョン返してきたので

git clone git@github.com:movabletype/mt-dev.git mt-dev

したものの、なんか

Warning: Permanently added 'github.com,' (RSA) to the list of known hosts.
git@github.com: Permission denied (publickey).
fatal: Could not read from remote repository.

とかとかで、キーがうまくいってない?ってことで、

githubにログインして

https://github.com/settings/keys

を見たら、SSH keys 入れてなかったので、
~/.ssh の id_rsa.pub の中身をコピーして key に貼り付け

そしたら、今度はちゃんと

git clone git@github.com:movabletype/mt-dev.git mt-dev

が動いてダウンロードしてきた

cd mt-dev

はわかる。フォルダを移動してるね。

cp /path/to/MT7-R0000.zip archive/

これは、そのまま書いてあっても意味がわからんね。
Movable Type の zipファイルをどっからか取ってきて、mt-dev/archive/ フォルダにコピーするんやね

ってことで、Movable Typeのサイトに行って

ライセンスに応じた、zipをダウンロードね。

自分の場合は、個人無償版だったんで
https://www.sixapart.jp/inquiry/movabletype/personal_download.html

んで、ファイル名が「MTA7-R5002.zip」でダウンロードフォルダに入ってたから

cp ~/Downloads/MTA7-R5002.zip archive

ってやってからの

vagrant mt-dev up ARCHIVE=MTA7-R5002.zip

やったけど、

There was an error while executing `VBoxManage`, a CLI used by Vagrant
for controlling VirtualBox. The command and stderr is shown below.

Command: ["hostonlyif", "create"]

Stderr: 0%...
Progress state: NS_ERROR_FAILURE
VBoxManage: error: Failed to create the host-only adapter
VBoxManage: error: VBoxNetAdpCtl: Error while adding new interface: failed to open /dev/vboxnetctl: No such file or directory
VBoxManage: error: Details: code NS_ERROR_FAILURE (0x80004005), component HostNetworkInterfaceWrap, interface IHostNetworkInterface
VBoxManage: error: Context: "RTEXITCODE handleCreate(HandlerArg *)" at line 95 of file VBoxManageHostonly.cpp

とかで動かない。検索してみたら、「VirtualBox」をインストーラーでインストールしたらいいらしいとか書いてあったりもしたんで、
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

から「OSⅩ hosts」をダウンロードしてきて、インストールした。

そういえば Docker このマシンになってからまだインストールしてないやーって、ついでに「Docker」もインストールしてみた。

んで、「システム環境設定」ー「セキュリティとプライバシー」ー「一般」で

ダウンロードしたアプリケーションの実行許可:

App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションを許可に変えてMacを再起動。

そしたら

vagrant mt-dev up ARCHIVE=MTA7-R5002.zip

がちゃんと動き出した

vagrant mt-dev exec-mysql SQL='CREATE DATABASE mt /*!40100 DEFAULT CHARACTER SET utf8mb4 */'

して

http://192.168.7.25/cgi-bin/mt/mt.cgi

にアクセスしたら、やっと動き出したよw

 

カスタマイズするのが仕事なんで、環境はもうちょっとサクッと作りたいもんやねー。

そういえば昨年、WooCommerce サブスクリプション案件やったんだった

そういえば昨年、WooCommerce サブスクリプション案件やったんだった

  • WooCommerce
  • WooCommerce Memberships
  • WooCommerce Stripe ゲートウェイ
  • WooCommerce サブスクリプション

あたりを使いながら、サブスクリプションで会員さんの権限をコントロールして、決済は、Stripe 使って。

何かありましたらよろしくですー。

そういえば、【めがねさんと。 (旧メガネフェス) 2020 – Webに関わる人の様々な働き方、生き方、考え方】ってイベントに行ってきたので忘れないうちに徒然なるままに

2020/02/01 【「めがねさんと。(旧メガネフェス)2020」 Webに関わる人の様々な働き方、生き方、考え方】というイベントに行ってきた
当日のタイムテーブルはこちら https://meganefes2020.megane.in/timetable/

結論

結論から言っちゃうと、行ってよかった。凄いイベントだと思う。超絶クッソ面白かった。みんな行くべきだ。次も機会あったら行こう。

ただLTは思ったよりも全然ウケなかったので、その点については猛省してる。
あと名刺も切らしてたんで、実は人見知りという具合では、橋本氏に負けない自信がある自分はうまく皆さんとコミュニケーションできなかったw ここも反省なw

内容的なの

セッションの内容については、他の方のレポートとか見てくださいw
YoutubeのリンクとTogetter貼っときます。

自分のこと

めがねさんと最初にお会いしたのは、たぶん WordCamp Fukuoka きっと10年位前のことになるはず。
ちょっと前から【メガネフェス】のことは知ってたし、行きたいなーって思ってた。

ありがたいことに、2/3に東京の打ち合わせを無理やり仕込んで頂いたので、呼ばれてもないのに、ワザワザ福岡から行けることに。
朝7:00の飛行機で前日の2時位に、「寝たらこれ寝坊して遅刻する奴や!」と悟り寝ずに空港へ。

雑感

IT系のコミュニティや勉強会、言語やフレームワーク・技術にしぼってあるものは、内容もなんとなく予想できるしわかりやすい

このイベントには、価値観、「幸せとは?」自分の仕事の方向性について、などなど色々と考えさせられたものがあった。
これは、WebとかITとかそんなものは関係なく、すべての人に関係することだ。

各セッションの登壇者のパワーが凄すぎる。そりゃあ、それだけでも面白いのに、イベントの切り口が、【働き方、生き方、考え方】で、
それをあの「めがねさん」が上手に引き出す。面白くないはずがない。

めがねさんは、根のネガティブさと表面の明るさをもってして(うまいこと活用して)、人の力を引き出したり、協力してもらったり、オレから見たら反則に近いw
ちょっと真似できないので正直羨ましい。

もっとコミュニティやイベントに参加しに行かんといかんねー。

それでも Backlog 便利

そもそも、Backlogと自分との出会いは、2006年に商用サービス開始時に、フロントのマークアップとしてチームに参加させて頂いた時だったですもんね。詳しくはこの記事に書いとるごたるです。

Backlogは、とっくの昔にnulabの中の人が開発しとって、自分は携わっとっらんばってんがくさ、自分は今も相変わらず、HTML書いてたりSCSS書いてたりしとっと。
この記事は、Backlog Advent Calendar 2019向けに書いとります。これまでの記事が素晴らしすぎる感があるばってんが、自分らしく徒然にまとまりなく書こうと思とりますw

仕事の内容ですばい

今でも大きめのWebサイト制作のプロジェクトに携わせてもろたり、Webサービスのフロントで携わせてもろたりしとります。
そがんときはやっぱ、当然 Backlogの出番ですもんね。

既にデザインデータがあるページやサイトのマークアップをやったりもしとります。これもウォーターフォール型になるとでしょうかねー?

クライアントさん「このデザインをマークアップしてください!」

nishiaki「できました!」

ってな感じで、この時はあまりコミュニケーションは重要ではなかとですもんね。

コミュニケーション重要度?

  • プロジェクトに巻き込める人数
  • プロジェクトの期間

上記が増えれば増えるほど、コミュニケーションの重要度も増すと思っとっとですよー。

Backlogが、「チームではたらく、すべての人に」って言いよるごと、チームワークで便利かとは当然とですよ。

一元管理したかとばい

自分のごたるヤツは、仕事が同時複数進行することもよーあるとですもんねー。

Backlogはわりと巻き込みやすいので、巻き込まれてくれる人ばっかりだとよかとですけどねー
大きな企業さんとかだと、「システムの部署が外にデータ置いたらダメって」とか言わるっとですばい。

そがんときに、「こっちはBacklog」「こっちはメール」「こっちはSlack」「こっちはChatwork」「こっちはMessenger」ってなるともうほんなこつ訳のわからんごとなるとばい。

しかも!、どこに何の書いてあるかわからんけん、メールやら何やらあせくりまわさんといかんごとなる。

Backlogだけ見たら、わかるごつしときたか!
だけん、Backlogのインテグレーション機能使こうてから、「この人からこの言葉がタイトルに含まれるメール来たら課題化」とかしとります。

インテグレーションが無理なら手動で写したりしても、訳のわからんごとなるとよりましですもんねー。

ひとりでもBacklog

  • 【ファイル共有】便利なんじゃー!
  • Gitを簡単に使いたいんじゃー!
  • サーバーの環境など(google docsなどのURLメモ)

BacklogのGitはSSH公開鍵の登録さえしとけば楽勝ですもんねー。

そんなこんなで、自分ひとりしかいないプロジェクトも沢山ありますし、Gitを使いたいだけの時用のプロジェクトも存在しとります。

「自分には、プロジェクト管理ツール関係ないもんねー」って方も使うと意外と便利かもしれんばい。

宣伝

JBUGのお手伝いもしよるとですが、毎回、福岡が人気なかとですよー。JBUG福岡 #12も参加者、発表者、お手伝いしてくれる方、などなどひろーく募集しよるとですよー。

そして、〜プロジェクトに関わるすべての方のための祭典〜 Backlog World 2020 “ONE”が、2020/02/29(土)に開催されます!うるう年のうるう日で覚えやすかです!

CPT UI の投稿タイプが削除できない場合

またしても、かる~くハマったのでメモ(よー忘れるなー)

まあ最初からちゃんとURL設計できてないので悪いのだけれども、
最初カスタム投稿タイプのスラッグ指定してて、
「あ、これページやったー」って時に、管理画面でカスタム投稿タイプ一旦削除しても
まーだページが404で、「あれー?」ってまた管理画面見たら削除したはずのカスタム投稿タイプ残ってる

そんなときは、

投稿タイプをインポート/エクスポート タブで
「Export Post Types settings」をコピって、
PhpStopm で json で保存して、整形して、該当箇所削除したら、
またコピって、
投稿タイプをインポート にペーストしてインポートすると、ちゃんと削除される。

ACF to REST API で ACF のチェックボックスの値で絞り込み

またしてもこの Blog の存在を忘れていた。

WordPress 関連でメモ

色々とバタ狂ったけれども、冷静になって検索したらほぼ似たようなのが存在してた
参考URL
https://webman-japan.com/custom-post-restapi-filiter/

カスタム投稿タイプ hogefugaというkeyのcheckboxの場合

functions.php

 array (
              array(
                  'key'     => 'fuga',
                  'value'   => esc_sql($request['fuga']),
                  'compare' => 'LIKE'
              )
          )
      ];
  }
  return $args;
}, 10, 2);

10投稿ずつの2P目のを取得したい場合のエンドポイント

/wp-json/acf/v3/hoge/?fuga=value&per_page=10&page=2

[50の手習い]初心者オジサンの筋トレログ #10

筋トレブームに乗っかろうとして、バーベル・ダンベルセットを買ってみたはいいが、フォームもわからずヒザやヒジを痛めてしまい、しばらく何もやってなかったオジサンが、一念発起してパーソナルトレーナーさんに習って筋トレしようとしているログです。

パーソナルトレーニング篇

またまた Vi spiral 行ってきてのログと雑感を

#10 2019.02.28

身体測定

体重:76.3kg
体脂肪率:23.4%

基礎代謝:1703kcal
内臓脂肪レベル:9.5

トレーニングメニュー

  • バーベルミリタリープレス 12kg 15レップ 3セット
  • バーベルアップライトロウ 12kg 15レップ 3セット
  • サイドレイズ、リアレイズ、フロントレイズ 2.5kg 20レップ 3セット 0kg 20レップ
  • スクワット 30kg 10レップ、20kg 10レップ、10kg 10レップ
  • ランジ 0 10レップ 2セット

この日もまたなんと!あんまり睡眠とれないまま、トレーニングに。

肩と脚の日ですー。肩は2回目になりますー。

自主練で肩できなかったんで、肩からやることに。
だが、ジャイアントセットで心肺機能が既に音を上げる。これが睡眠不足効果なのかー。

さらに脚でとどめを刺す感じ?
何回か前は、凄い充実した感じあったのに、やっぱり睡眠不足はダメだなー。

雑感とかとか

身体測定結果ー!

1/31からはじめたので、だいたい1ヶ月。
この日は、ウエストと胸囲も測定

ちなみに、1/31時点では、ウエスト(へそ):94cm、胸囲:100cm

2/28時点で、ウエスト(へそ):86cm、胸囲:94cm

なんだかインパクトに欠ける状態やなー数値だと(笑)
ただ、筋肉確実に増えてきてる感あるし、脂肪は減ってきてる感あるので、これからやろーまだ1ヶ月やもんねー