月: 2021年10月

macOS Big Sur で、ローカルに Movable Type 7 をインストールして動かす

久々に、Movable Type ローカル環境が必要

えらい過去の投稿の
MAMPにMovableTypeをインストールするメモ【主にあの人用】

とかだと、MAMPでMovable Typeですが、「DBD::mysql」やら「Image::Magick」が云々がめんどくさい

2020年の6月の six apart さんのMovable Type公式ブログにある
MTの開発環境を簡単に作れる mt-dev を公開しました

これが最近の開発環境っぽい

https://github.com/movabletype/mt-dev/blob/master/README.ja.md

ここ見てエンジニアの人なら簡単にインストールできるのかもですが、ちょいと引っかかったりしたので、メモ

まず、Homebrew インストールしてるか?

ターミナルを立ち上げて

brew -v

インストールは、してたね当然。ついでに

brew update
brew upgrade

なんかもしておいた

brew doctor

したら、

Warning: Broken symlinks were found. Remove them with `brew cleanup`:

とか言われたので

brew cleanup

してまた

brew doctor 

したら

Your system is ready to brew.

だったのでホクホクして

brew cask install virtualbox

ってやったら、

Error: Unknown command: cask

検索したら、書き方変わったらしいので

brew install virtualbox --cask

そして

brew install vagrant --cask

当然 git は入れてるよねーって

git --version

バージョン返してきたので

git clone git@github.com:movabletype/mt-dev.git mt-dev

したものの、なんか

Warning: Permanently added 'github.com,' (RSA) to the list of known hosts.
git@github.com: Permission denied (publickey).
fatal: Could not read from remote repository.

とかとかで、キーがうまくいってない?ってことで、

githubにログインして

https://github.com/settings/keys

を見たら、SSH keys 入れてなかったので、
~/.ssh の id_rsa.pub の中身をコピーして key に貼り付け

そしたら、今度はちゃんと

git clone git@github.com:movabletype/mt-dev.git mt-dev

が動いてダウンロードしてきた

cd mt-dev

はわかる。フォルダを移動してるね。

cp /path/to/MT7-R0000.zip archive/

これは、そのまま書いてあっても意味がわからんね。
Movable Type の zipファイルをどっからか取ってきて、mt-dev/archive/ フォルダにコピーするんやね

ってことで、Movable Typeのサイトに行って

ライセンスに応じた、zipをダウンロードね。

自分の場合は、個人無償版だったんで
https://www.sixapart.jp/inquiry/movabletype/personal_download.html

んで、ファイル名が「MTA7-R5002.zip」でダウンロードフォルダに入ってたから

cp ~/Downloads/MTA7-R5002.zip archive

ってやってからの

vagrant mt-dev up ARCHIVE=MTA7-R5002.zip

やったけど、

There was an error while executing `VBoxManage`, a CLI used by Vagrant
for controlling VirtualBox. The command and stderr is shown below.

Command: ["hostonlyif", "create"]

Stderr: 0%...
Progress state: NS_ERROR_FAILURE
VBoxManage: error: Failed to create the host-only adapter
VBoxManage: error: VBoxNetAdpCtl: Error while adding new interface: failed to open /dev/vboxnetctl: No such file or directory
VBoxManage: error: Details: code NS_ERROR_FAILURE (0x80004005), component HostNetworkInterfaceWrap, interface IHostNetworkInterface
VBoxManage: error: Context: "RTEXITCODE handleCreate(HandlerArg *)" at line 95 of file VBoxManageHostonly.cpp

とかで動かない。検索してみたら、「VirtualBox」をインストーラーでインストールしたらいいらしいとか書いてあったりもしたんで、
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

から「OSⅩ hosts」をダウンロードしてきて、インストールした。

そういえば Docker このマシンになってからまだインストールしてないやーって、ついでに「Docker」もインストールしてみた。

んで、「システム環境設定」ー「セキュリティとプライバシー」ー「一般」で

ダウンロードしたアプリケーションの実行許可:

App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションを許可に変えてMacを再起動。

そしたら

vagrant mt-dev up ARCHIVE=MTA7-R5002.zip

がちゃんと動き出した

vagrant mt-dev exec-mysql SQL='CREATE DATABASE mt /*!40100 DEFAULT CHARACTER SET utf8mb4 */'

して

http://192.168.7.25/cgi-bin/mt/mt.cgi

にアクセスしたら、やっと動き出したよw

 

カスタマイズするのが仕事なんで、環境はもうちょっとサクッと作りたいもんやねー。