タグ: event

そういえばBacklog World 2019にスタッフとして参加させてもらったんだった
(Backlog WorldとBacklogと私)

ぼちぼちまとめとかが落ち着く頃と思われるので、
自分の忘備録として淡々と徒然にメモを残しておこうかなという投稿。

プロジェクトマネジメントの祭典「Backlog World 2019」が、2019年1月26日(土)に秋葉原UDX 4F ギャラリーネクストで開催されました。
このイベントにスタッフとして参加させてもらった記念に雑感というか記憶のメモを。

セッションの情報とかイベント自体の情報はあんまりありません念のため。
運営メンバーブログにも掲載しなくてもいいかなーw

出会い

むかーしむかーし、そもそも Backlogと自分との出会いは、2006年ごろじゃったー。
最初にBacklogを見たのは、まだベータ版でした。
Webアプリのフロントを探してるってことで、まだnulabがシャンボール大名にあった頃にお邪魔して、田端さんとお話したときに見せてもらったのが最初でした。
確か会議室の隅っこでノートパソコン?(thinkpadとか?)が置いてあって、「これ何ですか?」「これがBacklogのサーバーです。」みたいな会話だったような気がする。
※正式版はどこかのちゃんとどこかの専用サーバーだったと思います。念の為。

グラフィックも必要ってことで、高田さん(@3753net)と、nulabの中の人達と一緒にフロント作業させてもらいました。
当時はphpのSmartyとかあって、それを触っていたので、触ったことないテンプレートエンジンでもなんとかなるんだーという自信にもなりましたし、その後のWebアプリケーションのフロント作業を受注するきっかけにもなりました。

当時は、このあたりの記事にも書いてあるようにネガティブなフィードバックも多かったし、Tracあるじゃんとか、○○あるじゃんとかとかで、なかなか厳し目のスタートだった気がします。
ただ、その頃から既に「楽しく」とか、アイコンも選択できたりして、ガチガチになりがちな業務のコミュニケーションを柔らかくしようという思考が垣間見えました。

当時のBacklogスクリーンショット:ベータ版のトップ
当時のBacklogスクリーンショット:主要画面

橋本さんとは実は別経路(mixiのCSS Nite in FUKUOKAのコミュニティ)で知り合いました。
その後、「福岡で働くWebの人々」のコミュニティでもご一緒させてもらいました。Web Barbarians Conferenceとかやりましたねー。今考えると凄いネーミングだw

@megane9988さんとはWordCamp Fukuoka 2010とか?で出会ったんだと思います。

うれしかったこと

社風なのか?プロジェクトの考え方として、チーム感が強くて、社外のマーケティングの方々や、高田さん、自分も一緒の仲間として扱ってもらいました。
どうにかすると、「外注さん」みたいな扱いをうけるような時代だったので、それは結構な衝撃でした。
自分の拙い意見でも真剣に聞いてもらいました。

細かいところだと、報酬の振込手数料が、引かれずに振り込まれてるとかそういうとこも好きでしたし、自分も真似して他の方や法人に振り込む際には手数料を負担するようにしました。

当時の写真:Backlogチームでのミーティングの様子

一旦、リリースした後には、改善やPRの方の作業も色々ご一緒させてもらいました。
中洲5丁目の新しいオフィスへの引っ越しというか社員の方々の初出社の日の当日の深夜がリリースで、深夜そのまま作業して皆さんが出社した時に窓際のソファーで寝てたのも今となってはいい思い出です。

ユーザー動画の取材を田端さん、高田さんと東京、京都、福岡など行かせてもらい、実際のユーザーさんの声を聞いたりして、業務アプリとして仕事でガッツリ使ってもらってるんだから、更に頑張って作らないとなーと気が引き締まる思いでした。

このあたりでは、BacklogのBlogもすこーしだけ書いてた。

そばにいるとわかることがあるけれども、これも社風なのか?真摯にユーザーの方を向いてるサービス作りには時として驚くことがあった。

UIリニューアル時の まぶしいフィードバックなんかは、モニター探しまくって検証してるっぽかった。

これもますますnulab、nulabのサービスが好きになる事柄であった。

そして次のフェーズへ

2010年位までは、nulabの社内にはプログラマさんしかおらず、「ぼちぼちデザイナーさんとかフロントの人員が社内に必要ですよー」って言ってきたんですが、その採用の面接にも同席させてもらいました。その時に入社したのが今ではすっかり古株になっちゃった@johnykeiで、「ビートルズ全曲弾けて歌えます」という所で?全員一致でした。

そこからは、@johnykeiも大活躍し、フロント部分のスタッフも増加していきました。

ただ、全体のスタッフが増えるとやりたいことも増えたりして、フロント部分も相変わらず忙しそうでたまーにお手伝いに呼ばれたりしますが、縣さんには日頃から「主要部分のフロントエンドはずーっとメンテナンス必要なんで、できるだけ社内の人員で作業が絶対にいい」とはお伝えしてますが、どうしてもな場合はお手伝い(手伝えてるのか邪魔してるだけなのかは微妙)させてもらっています。

そして、nulabに初のPR部門スタッフの@Megumi_Isogawa 入ってきてCommunity Managerとして頑張ってて。

そんなこんなで

そんな経緯で頼まれてもいないのに勝手に、Backlogを我が子は言い過ぎなので、甥っ子・姪っ子みたいな気持ちで見ています。
自分が「Japan Backlog User Group」「JBUG」に参加するのは当然という感じで。

しかし、悲しいことに自分の通常業務ではBacklogの課題管理機能はそこまで使わずにできる仕事が結構多くて(すぐ打ち返す系)。
それでもBacklogは超絶便利に使ってて(スタンダードプラン)、なかったら死にそうです。そういったLT沢山していかないとなーって思ってます。

イベントスタッフやるとは言ったもののなかなか業務や家庭のあれとかでミーティングにも参加できてなくて、ほんとに申し訳ないなーという気持ちでいっぱいで。
その辺のことは、@Megumi_IsogawaのBacklogのユーザーコミュニティ「#JBUG」による350名規模の1DAYイベント #BacklogWorld 2019 を終えてに詳しく書いてあるっぽいので割愛でw

昨年の、Backlog World 2018 でもBacklog、ユーザーさんに愛されてるなーって実感あって。
今年も、Twitter見ると、いいこと沢山書いてあって。

懇親会で@Megumi_Isogawaが感極まってる時に、上記の今まで書いた文章のことが走馬灯のように頭の中駆け巡って、実は超泣きそうになってた。周りに人いなかったら泣いてたな、ここだけの話w

(仮)FWW_健康って大事なんですよ @sugmak 二周忌イベントに行ってきた

(仮)FWW_健康って大事なんですよ @sugmak 二周忌イベントに行ってきた。まあ、普段健康診断してない国民健康保険のみんなで健康診断しましょう。っていうイベントなんですが@nippei氏に手配してもらった、秋本病院で、オレは福岡市の よかドックを受けた。

福岡市民でない人は、別のプランで。秋本病院でのよかドックは、これで500円やったら、大満足という内容でした。

スタッフや先生方も親切でフレンドリーでした。@nippei氏ありがとう!遺影用写真撮影会なんかもしちゃったりしてきて、そのあと昼食会という流れで。このイベントの経緯としては、

▼背景
@sugmak が亡くなってもうすぐ一年経とうとしています。
あの福岡のIT系コミュニティ活動に尽力し、運動にも健康にも気を配っていた@sugmakさんが脳溢血による突然死で亡くなった事は周囲に衝撃と深い悲しみを残しました。

@sugmakさんは長い間、健康診断の類は受けられてなかったそうです。
もし受けていれば助かった命かもしれません。。。
このような不幸を繰り返さないためにも、これを教訓とし、
フリーランスも健康に注意を払おうという主旨のイベントです。

ってことで。また来年もあると思いますので、国民健康保険の方で健康診断受けてない方は是非。

コラボレーションとかコミュニケーションって気持ちいいものなのかも

何ヶ月ぶりにまとめのメモ代わりにブログでも書いてみる。
2010/10/29(金)に、宝珠山小劇場/手仕事舎 (朝倉郡東峰村宝珠山)で開催された、10TH ANNIVERSARY RIVERWILDに行ってきた。

まず会場に着いて、会場に興奮

東峰村の宝珠山小劇場/手仕事舎というところにはじめて行ったのですが、
廃校を利用してありまして、大量のレコード(大正記を中心とした約7万枚のSP盤らしいです)と昭和史中心?の大量の書物。
ここからは帰って来て調べたんですが、そこを作った田村さんは昨年お亡くなりになられたそうです。

参考ページ

どうでもいいかもですが、宝珠山小劇場/手仕事舎の場所はわかりにくいです。
※ナビに詳細の地図が出てこない。(さすが山間部?)
住所的には、『福岡県朝倉郡東峰村大字宝珠山』になるのかな?
JR大行司駅に向かって国道211号線から『この辺かな?』と気合い入れて入ると、そこですw

集まってくる方もクリエイティブ

会場の背景もあってか、故田村さんのおかげなのか、集まってる方々もクリエイディブなお仕事の方、もしくはそういった思考をお持ちの方?が多かったです。
地元の生産農家の方はもちろん、手仕事でモノ作りをされている方、
(農業が一番クリエイティブな職業と思ってます。)
グラフィックデザイナー、建築家などなど。
遠方から来ている方も多く、下手な福岡市の異業種交流会よりよっぽど有意義だと思いました。
やっぱり、光に集まる虫の様になんか惹き付けるモノがあるんでしょうね。

応援したくなるAGRI ALL STARS

柿豚中心なんですが、柿をはじめ米、かぶなどの地域の若手生産農家の方の作物を使ってのコース料理(ビュッフェ)スタイル。
リバーワイルドの杉さんは、どうやら福岡の筑後地区で、AGRI ALL STARSという地域コミュニティを作ってるみたいです。
ここの人たちもなんか『よか息子』感が凄くあって、ファンになりました。
うまく表現できてないですけどもw
料理人の方も都会で修行してきて地域で頑張ってる方だったりしてるみたいです。
若手に限らず、本格ネルドリップのコーヒーを入れて下さるおじさんもいたりして雰囲気がとにかく良かった。(杉さんの人柄?)
最後は抽選会(杉さん司会でグダグダですがw)や、農産物のおみやげもあり、正直 参加費4,000円が安いと感じちゃいました。

ネルドリップの方は、珈琲美美(びみ)の森光さんで、福岡柿豚料理会の会長さんということでした。

参考ページ

という金曜の夜を過ごし、清々しい気持ちになったところで、
次の土曜日、コラボレーションカンファレンス2010 in 福岡をお手伝い。
イベントの中身は、参考ページの我流天性 がらくた屋のページがよくまとまってます。( @Garyutenエラい! )

参考ページ

主にテーブル動かすのをお手伝いしたのですが、(その他写真撮影/ビデオ撮影など)
客観的に見てても相当楽しかったし、全体的によくできたイベントだったんではないかと。

金曜日にお会いした、宝珠山小劇場/手仕事舎周辺のコミュニティの方々は、土曜日のイベントのワールドカフェのお題である『コラボレーションのあるチームはどうやってつくられるのだろう?』を具現化してる感じがします。
宝珠山小劇場/手仕事舎のコンセプトは、土曜日のイベントのプログラムでも登場し、ぼくらもよく利用させてもらっている、『AIPカフェ』と近い部分を感じました。

次は、宝珠山小劇場/手仕事舎とAIPカフェのコラボレーションとか田舎と都会のコラボレーションとかなんかできればいいな。