タグ: WordPress

UnderStrapはChild Themeさえ入れちゃえば親テーマは勝手にインストールしてくれる

すっかりBlog書いてないなー
なんか他のBlogでも作ろうかなー

ってタイトルがほぼ全て

UnderStrap のトップのページ下部の「Download Child Theme」ボタンからでもいいし、
GitHubのhttps://github.com/understrap/understrap-child からでもいいし

Child Themeさえ入れちゃえば親テーマは勝手にインストールしてくれる

gulpfile.js の

あたりをいじって、

understrap-child-masterのフォルダ名変えて
style.css のコメント書き換えて、

screenshot.png 置き換えれば、カスタマイズスタート
screenshot.pngは気分的にも先に置き換えるのおすすめ

WordPress の add_action (子テーマ使ったカスタマイズ)

もうほぼ、下記のリンク先
【WordPress】 子テーマを使ったカスタマイズについて(functions.php編)

functions.phpはstyle.cssとは実行順序が違って、子テーマが先で親テーマがあとみたい。

だもんで、
関数リファレンス/add action – WordPress Codex 日本語版
ここの

 

$priority で順序指定して上書きすればええんやー

 

テーマで $content_width とか指定してある時とかこれ使いなさいよ自分

Twenty Seventeen で フロントページのセクションを増やす

Twenty Seventeen で フロントページのテーマオプションのセクション
デフォルトだと4つ
もっと使いたいんだよねーって検索検索

ありましたー
How to Add Extra Twenty Seventeen Theme Front Page Sections – WPColt

自分の書き方に合わせて

WordPress移設するときとか便利なSQL

WordPressもなんやかんや言ってDBからよんで来て表示させてる

もしくは、なんかをDBに入れてるだけなんで、DB何しよるかがポイントWordPress移設したりする用でいつも見ているブログのエントリーWordPressで使える知ってると便利な13のSQL文 | Web活メモ帳テーブルのwp_postsのguidとか見ると、urlが絶対パスで入っとるし↑のブログのは、newとoldの表記がバラついてるんで揃えといてローカルに置いとくと便利。んで検索置換!実際に運用しているブログをローカルで再現する場合は、ローカルのphpのメモリーを上げとかないとphgMyAdminからインポートとかエクスポートできないかもだからphp.iniのmemory_limitとかpost_max_sizeとかupload_max_filesizeとかを上げとけば便利

PHPでスマートフォンとかを振り分け

レスポンシブでなんとかしたい場合とか用でメモUAで振り分けてパーツをゴニョゴニョしたかったのでどういう解像度でどんな風に見せるか、@mediaとかと相談しながら、下記のページとか眺めて妥協点を探りながら

WordPressでアイキャッチ(投稿サムネイル)画像を登録している投稿だけ抜き出す

WordPressでアイキャッチ(投稿サムネイル)画像を登録している投稿だけ抜き出したかったのだけど、http://codex.wordpress.org/Template_Tags/query_postsとかhttp://codex.wordpress.org/Class_Reference/WP_Queryとか見ても載ってない(ように見えた)。英語自信なし。で、ググったら出てきた。WordPressのquery_postsまたはWP_Queryでアイキャッチ画像(Post Thumbnail)が設定されている投稿のみを表示する方法 | ちいさな創々

配列の場合

文字列の場合

英語でそのままググれば一発やったんやね。WordPress › Support » get_posts with thumbnail only

WordPressカスタマイズの小ネタ そのpタグ要りません!的なとき #2

記事の中でマークアップしたhtmlをコピペしようとすると、最後に必要のない</p>が入ったりする。最初っからpタグ外しちゃうプラグインとかも存在するらしい。
Disable wpautopでWordPressで邪魔なpちゃんを外しちゃいないよ | ワードプレス(WordPress)の個人的覚書
(使ったことないので、詳しくは知りません)その他にもコアな部分に手を入れたら、pタグ吐かなくすることも可能ではあるだろう。しかーし!WordPressカスタマイズ案件では、最終的には管理者は自分ではなかったりするので、ビジュアルエディタやHTMLエディタには手を入れたくない。
でも、過去のHTMLを入れないといけない場合とかもあったりして。とにかく挙動も一定してない。
参考:WordPress › フォーラム » Pタグの展開方法がおかしいpタグを人力で入れると、勝手には挿入しなくなるようですが、インデントとか付いてて改行があると最後に</p>タグが引っ付いていることもある。鋭い方ならおわかりかもしれませんが、そんな時は、改行をトルと出てこなくなったりもする。