タグ: netbeans

NetBeansで小文字から大文字変換と大文字から小文字変換とか

またもNetBeansで小文字から大文字への変換忘れて調べたので、ここにメモ
「ヘルプ」-「キーボードショートカット」に書いてある

小文字から大文字に変換したい場合は、範囲選択して、Ctrl-U(MacだとCmd-U)一回押して、U

Zen-CodingがNetBeansでもインストールできたのでメモ(Macだよ!)

HTMLガシガシ書く人なら注目してたであろうZen-Coding
ちょっと前から Coda にはインストールして使ってみてたんだけどね。
詳しくは、@cipherさんのブログが圧倒的に詳しくて親切でわかりやすい!
しかも、ガイヤ、マッシュ、オルテガの黒い三連星だ!(謎

まあ、NetBeansもあまりよくわかってないまま使っていたので、.nbmじゃないファイルだとどうしていいかわかんなかった。しかもサイト見てもロシア語でわけわからんw
まずは、Downloads – zen-coding – Project Hosting on Google Codeから、NetBeans用のファイルをダウンロード
画面:ダウンロード画面
解凍すると、『NetBeans.Zen.HTML.1.2』というフォルダができる。
その中の『config』フォルダを、『~/』つまり『Home』の中の『.netbeans』-『6.8』-『config』に上書きする。んでNetBeans再起動かな。
CodaやDreamweaverは、変換は『Control』+『,』なんだけど、NetBeansの場合は、『Tab』というとこが一番違うとこかな。
あ、設定とかは下記のファイルを書き換えればいいみたいよ。
~/.netbeans/6.8/config/Editors/text/html/CodeTemplates/org-netbeans-modules-editor-settings-CustomCodeTemplates.xml

Zen-Codingの特長は、エディタやIDE超えて同じようにして、スピードアップできるという部分じゃないかな。
『.netbeans』は不可視フォルダなのでターミナルからコマンドでコピーする。
もしくは、Finderで不可視フォルダを表示するようにしておく(オレこっち派)
ターミナルで

と打ってリターン、その後、

でFinder再起動。
戻したいときは、

と打ってリターン、その後、

戻さないけどね

CakePHPをローカルに新規で環境作るメモ

なんかCakePHPをインストールする度にわからなくなってる気がするのでメモw
年なのか?もう年なのか?
以前のエントリーも参照するといいかも。
Nishiaki’s Log: Mac用のSubversionクライアント『VERSIONS』と統合開発環境『NetBeans』のSubversionの個人的なメモ

  • まずは、Versionsでリポジトリ作る
  • VERSIONSで作業用フォルダ作る
  • trunkとか作っちゃえオレ
  • NetBeansで新規プロジェクト
  • 作業用フォルダにダウンロードしてきたCakePHPを突っ込む
  • app/config/core.phpのSecurity.saltの文字列をお好きな文字列に
  • phpMySQLAdminとか利用しちゃってDB作る
  • app/config/database.php.defaultをdatabase.phpにリネームして、DB情報を書き込む
    このときに、’encoding’=>’ujis’,という行を追加すると文字化けしなくなる

Mac用のSubversionクライアント『VERSIONS』と統合開発環境『NetBeans』のSubversionの個人的なメモ

久しぶりにphpでも触ろうと思った。
CakePHPを動かそうと思った。
これきっかっけに色々手を出してみようと。ローカルでバージョン管理とかしちゃおうと。
たぶん間違いとかもっといい方法あると思うので、突っ込みありましたらよろしくです。

NetBeansがよさげ

eclipseもいいんだろうけども、セッティングとかめんどくさそう。
NetBeansは、ここからPHPというのをインストールしてみたら、いきなり日本語で動いた。
ちなみに、書くのはphp、HTML、CSS、JavaScript位だから、これでいいかなと。
6.1 日本語版のPHP アーリーアクセス版だと、何故か日本語にならんかった。

VERSIONSでローカルのリポジトリ作る

なんか色々調べてみて、コマンドでsvnadmin create とかすればいいのはわかったが、これをGUIでやりたいじゃんか〜。
あ、Subversionインストールしてあることが大前提です。Leopardには最初から入ってるんだっけ?
VERSIONSだと、「Bookmarks」「Create New Local Repository」というとこから作れるみたい。
画面:Bookmarks-Create New Local Repository

VERSIONSで作業用フォルダ作る

これから下に書いてるのは、説明用だから、実際の運用しやすいのとは多少違うと思います。
実際には、CVS/Subversionを使ったバージョン管理(後編:SVNを使ったバージョン管理) – SourceForge.JP Magazineとか見て、自分の使い方に合った構造にしてくださいね。
上で作ったリポジトリ、VERSIONSでいうところのBookmarksを選択するとCheckoutのアイコンがアクティブになる
文字だとわかりずれ〜w
画面:Checkout
ほんで、作業用の場所にフォルダ名決めて、Checkoutすると、フォルダも作ってくれる。
画面:Checkout選択画面
画面:Checkout後のVERSIONS画面

なんとな〜しな流れ

  1. なんかファイルとか作る
    画面:ファイル作ったとこ
  2. Addする
    右クリックでも、右上のボタンでもお好みで
  3. コミットする
    コミットしようとするとメッセージの入力画面が出てくるので、メッセージやメモ等入れる。
    画面:メッセージ
  4. Timeline見ると日本語も問題なし

NetBeansでもコミットとかしちゃおうと努力する

まずは、何も見らずにNetBeans触ってみる。
NetBeans立ち上げて、「プロジェクト」のところで右クリックすると、「新規プロジェクト」というメニューが出てくる
あとは、ウィザードにしたがって入力すれば、プロジェクトができる。

なんかわかりやすくていいぞ。とたいして触ってもないのに思うw

NetBeansでSubversion使おうとしてつまづく

プロジェクトもできたので、『まずはCheckoutだ!』ということで、「バージョン管理」の「チェックアウト」を選択
画面:チェックアウト
リポジトリのURLは、表記方法にいまひとつ自信がないので、VERSIONSのBOOLMARKSからコピーする
画面:VERSIONSのBOOLMARKSからコピー1
画面:VERSIONSのBOOLMARKSからコピー2
NetBeans側に貼付け


しかし、ここでエラーが出た。 This client is too old to work with working copy ‘/Users/AkiraNISHIJIMA/Sites/test’; please get a newer Subversion client とか怒られた。
うーむわからんw
そういえば、Subversionは、MacPortsで1.5系の最新版にしていて、調子に乗って、VERSIONSも1.5系使ってたので、1.4系だったらなんとかなるかな?
という野生の感を頼りに、VERSIONSを1.4系にしてみた。
画面:VERSIONS環境設定
そしたら、なんとかなってる。天才?

NetBeansでSubversionのコミットコメントの日本語が文字化け

コミットのテストしてみたら、コミットのコメントが日本語だとエラーが出るみたい。
う〜む。おしい。
Google先生に教えてもらった。

この記事を参考に、
~/.subversion/configをテキストエディタで開いて、
# log-encoding = latin1 を log-encoding = UTF-8 にしたら、NetBeansのコミットコメントも日本語が使えるようになった。VERSIONSも問題なし。

めでたしめでたし。
あ、CakePHPは?
オーマイガッツ!