タグ: mac

MacBookの個人的なメモとか 〜たぶんどーでもいいこと〜 #1

キーボードが気持ち悪い

『A』キーの左は『control』キーでしょ!
ってな訳で、『システム環境設定』−『キーボードとマウス』−『キーボード』−『修飾キー』で、
『caps lock』と『control』を入れ替えた。
ほんとは『return』キーも一段上がいいんだけども、こっちはしょうがない。

WindowsXPの環境

Parallels持っている。
調べたらライセンス的にも問題なさそうなので、ハードディスク容量の節約のため、Boot Campに入れたWindowsXPをParallelsからも使うことにする。
まずは、Boot Camp
とにかく『セットアップガイド』PDFに従って、インストール。
注意点は、パーティションを間違わずに選ぶことか?
フォーマットはMacからも読み書きできた方が便利かな?と思ったのでFAT。
NTFS読み書きできるようにするアプリもあるみたいだけどね。
ということは、大きな動画ファイルを扱うときとかはやっぱWindowsマシンの出番か〜。
Parallelsで、『use BootCamp』みたいなの選ぶとインストール完了。意外とすんなり。
こっちもキーボードがな〜
AppleKbWinというソフトを使わせてもらったけども、ちょっと反応に時間がかかるのが気になってダメだった。惜しい。
現在、AppleK for Parallelsを試用中。
以前からAppleK使ってて、好きなのでやっぱりこれになるのかな〜?
Boot Camp側とParallels側だとキーボードの認識が違うらしくAppleK for ParallelsのFAQ
Boot Camp側はそっちでなんとかしないといけないみたい。現在放置。

関連エントリ
Nishiaki’s Log: MacBookの個人的なメモとか 〜たぶんどーでもいいこと〜 #2

ついカッとなって?MacBook購入

作業場所移転を考えてまして、(現在自宅作業)やっぱりノートが便利かな?ということで、メインマシン用にAirじゃない方のMacBookを購入した。2.2GHzの白の方。
ハードディスクは、160GBにした。メモリは自分で差し替える予定。(2GB*2)
これまで使ってたiMacは、オークションとかで売却予定。MacBookは使えるようになるまでには時間かかりそうだな。
ディスク容量がこれまでより少なくなるので、移行ツール使わすに移行の予定。
なんかあったらこのブログにもメモ代わりに書こうかな。まずはメモリ購入しないと。
もしiMac欲しい人いたら(価格は交渉で)メールください。
メールは、西嶋のiddyに書いてます。

  • ポリカーボネートの白いiMac
  • 20インチモニター
  • 2.0GHz Intel Core Duo
  • 2GBメモリ(apple純正 BTO)
  • 250GB ハードディスク
  • ビデオメモリ 256MB(apple純正 BTO)
  • 英語キーボード&Mighty Mouse(ほぼ未使用)

【出ました】MacBook Air【1.3kg】

噂のMacBook Airが、とうとう出ましたね。
正直な感想は、ちょっと高い&マシンパワーがもうちょっと。
メインマシンが他にあるモバイラーには強い味方なんでしょうね。
車だとオープンの2シーターって、mixiにも書いてあった。(うまいこと言うな)
やっぱりそうなると、MacBookこれの真ん中のがいいな〜。メモリは後で4GBにしてさ。
どっちみち、買えないな〜。
そんな中、他にも気になるのが、Time Capsuleとか、Vmware Fusion(日本語版)のキャンペーン

「Mac本体又はOS X Leopard」と「VMware Fusion」を同時に購入すると、お得な優待価格でお買い求めいただけます。

となって、4,600円OFFか〜。まだまだTigerだもんな〜。しかし、Parallelsバージョンアップしちゃったしな〜。微妙。

ま〜あれだ、いろいろ欲しいモノあるけども、とにかく仕事頑張らねばw

「Dreamweaverがこんなになったらいいのにな」というのを妄想してみる

CS3やっと購入しました。 まだまだ使い込んでないのでよくわかんない部分もありますが、自分なりに、こんなのあったらいいなというのを妄想してみました。
自分はMacユーザーなので、Macユーザー目線で書いてます。

コードヒントの候補の選択時にキーバインドが効く

画像:Dreamemweaverコードヒント

  • Ctrl+N で下の候補に
  • Ctrl+P で上の候補に

Macユーザーだったら、Cocoaアプリのキーバインドに慣れてると思うんですよ。やっぱ。
自分の場合、コーディングスタイルは、コードビューで書いて行くスタイルで、あんまりホームポジションから離れない方が好ましいですし。
Windowsユーザーの場合も考えてみると、他のショートカットとかぶってますね。どうすりゃいいのかな?

コードヒントの出現順序が、携帯の文字変換のように、使ったもの順序で出てくればいいのに

CSSEditというエディターも大好きで使ってますが、これの好きな部分のひとつに、Dreamweaverで言うところのコードヒントの出方があるんです。
画像:CSSEditコード候補出現の様子
出現順序が、携帯の文字変換のように予測して出現します。
詳しくは知りませんが(笑
最近使ったものから出てくるし、使用頻度も見てるんだろうか?
とにかく、使いやすい。
しかも一度引っ込んでもリアルタイムで出てくるんですよ。
また候補を出したりするショートカットとかいらん訳です。
しかーし、やっぱりこいつも候補出て来たとこでのキーバインド効かないんだよなー。
LaunchBarは、ちゃんと効いてくれて嬉しいのになー。
画像:Launchibar

VMWare Fusion Beta4も良さそうに見えちゃう件

コラム・雑感 VMWare Fusion Beta4/T-STUDIO
↑コレ見てると、VMWareにも期待できそう。
dotMb -Web for Macbook Users and future Macbook Users-
↑価格設定も凄く意識したものになってますねー。
Parallels Desktop 3.0 for MacにアップデートするかVMWareのプレオーダーにするかは、
自由だーーーー!
バーチャルマシンソフトのブルース♪

Parallelsをよく使うようになって良かったこと

前のエントリーで書いたけども、最近Parallelsをよく使っている。
そこで発見というか大したことではないんだけども・・・。
Macにスイッチしてから、画像ビューワーが今ひとつどれも自分に合ってない気がしてまして、
というのも、やはりWindowsでViXを使い慣れてたせいでしょうか?
要は、ViXマンセーな訳ですよ。
ParallelsからMacのSitesが覗けるようにしてるんですが、という訳で WindowsのViXを画像ビューワーにしてるんです。
カタログファイルという名前でしたっけ?_CATALOG.VIXあれを残さないように設定して。
ファインダーで見ちゃうと.DS_Storeができちゃうでしょ。それもできないし。
それだけなんですけどね。

MAMPとParallelsの開発環境メモ

自分は、複数のサイト制作を同時に携わる事も多いので、MAMPを使っています。

  • インストールが簡単(アプリケーションのインストール感覚ですぐ動く)
  • ApacheのDocument Rootの切り替えもGUIで操作可能
    MAMPのApache Document Root 操作画面
  • PHP4とPHP5の切り替えもGUIで操作可能
    MAMPのPHP切り替え画面

プログラマーの方から見たら邪道なのかもしれませんが、上記の理由で使ってます。
Parallelsもインストールしてたんですが、結局他のWindowsのマシンを使ってあまり使ってませんでしたが、今回Macだけ持ち出して、作業する状況がありそうなので、これを機にParallels上のWindowsからもMAMPのApacheのDocument Rootが見れるようにしようと一念発起?
WindowsからMacを見る
ParallelsのPreferences-Network
parallelsのNetwork
Windowsでブラウザー開いて、10.211.55.2とIPを打ち込んでみる。
そうすると、Apacheのスタート画面が見える。自分の場合、パーソナルWeb共有をオンにしてたので。
毎回、IPアドレス打ち込むのも面倒なのでWindowsのhostsファイル(C:WINDOWSsystem32driversetc)を編集し、 簡単な文字で繋がるようにする。
MAMPがデフォルトで使っているApacheのポートが 8888なので、これを80にする。80は、パーソナルWeb共有のApacheのスタート画面が表示されてしまうので、パーソナルWeb共有をオフにする。
パーソナルWeb共有をオフにすると、ポート80がブロックされてしまい、Windowsから見えなくなるので、システム環境設定‐ファイアウォール でポート名:その他 TCPポート番号:80 として、ポート80をあける。
念のため、/Applications/MAMP/conf/apache/httpd.confで
#Listen 80
Listen 127.0.0.1:80
Listen 10.211.55.2:80
としてみた。
MAMPのスタートページが、127ポート使ってたので、
Listen 127.0.0.1:127
も追加しました。

Mac では、nishiaki.probo.jp でアクセス
Mac Camino
Windows では、 Windowsのhostsファイルで設定した任意の文字でアクセス
Windows IE6
文章で書くとそれなりに長く感じるが、実際にやることはちょっとだけ。
参考にしたサイト

スペシャルサンクス迫田さん

intel Mac なあなたにお勧めのブラウザありました。

昨日、杉山さんに教えてもらった。ちょっと感動したので書き込み。
Caminoというブラウザが存在する事は知ってたけど、Geckoエンジンなので、Firefoxとさほど違わないんじゃない?
とか思ってました。しかも教えてもらったのは、Camino 1.1 Betaでもなく、nightlyビルドでもない。
Camino : Private Build – Optimized for i686プライベートビルドなのだ。
i686に最適化っつーことは、intel Mac な人には最高じゃないですか。
ありがたく使わせてもらいます。
しかし、どこでこういうの見つけて来るんだろうねー。
使ってみた第一印象で、サクサク動いて気持ちいい。
拡張機能を入れまくったFirefoxは、もっさりしていて、とてもブラウジング向きではなくなってた。
開発には使うけどね。safariよりも見れないページは少ないと思われ。Googleの一部のサービスとかね。
これならメインブラウザに十分。
早速、Caminicious入れて、LaunchBarからブックマーク呼び出せるようにしたり、bookmarklet入れたりして使い勝手も向上。
あとは、Rosettaで動いてるAdobe製品だな。日本語版はいつかなー。

Macでターミナルからgvim起動

Mac(Tiger)には最初からvim6が入っている。ターミナルで
vim ファイル名
とすると、vim6がターミナルの中で開いてくる。折角なので、gvim7でも開けるようにしたいなと思って検索したら、あるじゃないですか。どうせターミナルから開くんだったら、カレントディレクトリで開く方がいいな。と思ったので、シェルスクリプトとかいうのを書いてみた。
#!/bin/sh
/Applications/Vim.app/Contents/MacOS/Vim -g $1 &
これをvim7.shというファイル名で保存した。これに実行権限を与えないといけないので、
chmod u+x vim7.sh
とした。実際にターミナルから呼び出す時は、
vim7 ファイル名
とかやればOK。
これでいいのかな?起動してるからいいとするか。

2007/10/02追記
最近の自分のVimで書いたVim使い出してからこのsh必要なくなりました。
.bashrcとかに

と書いて、ターミナルで

とかで使ってます。