タグ: firefox

HTML触る機会があるユーは、『Html Validator』使っちゃいなよ!

Webの人だったり、Webアプリケーションに関わるプログラマだったり、HTML触る機会がある人は、
Firefoxのアドオンの『Html Validator』を使うべきです。
Firefoxのアドオンのページには、Html Validator :: Add-ons for Firefox
「MacOSⅩでは利用できません。」みたいに書いてあるけども、開発者のページには各OS用が用意されている。
Html Validator for Firefox and Mozilla
HTMLの細かい部分はどうでもいいんだけど、(本当はそこに拘っているんですがw)
だれかみたいについうっかり閉じタグ忘れてたり、id重複してたりの致命的なヤツはダメでしょ。

Validな例(先日公開した Backlog|お仕事うまくいきまスター☆
画面:Validな例
ウインドウ右下が緑丸になる
ダメな例(ここのブログw やっぱBloggerからWordPressとかに乗り換えようかなあ)
画面:ダメな例
ウインドウ右下が赤丸(エラー)とか黄色三角(警告)とかになる

ウインドウ右下の色が変わった部分をダブルクリックするとエラー内容もわかる
画面:エラー内容

【辞書/翻訳/発音/検索】Firefoxアドオン『Quick TransLation(qtl)』が便利

「なんで今まで知らなかったんだ〜!」と後悔しちゃいました。

Quick TransLation (qtl)のサイト
Quick TransLation (qtl)
上記サイトに置いてあるデモ動画

ダウンロード先
Quick TransLation (qtl) :: Firefox Add-ons
オレオレポイント

  • 単語だけでなく、文章の翻訳もできちゃう
  • 単語の発音もしてくれちゃう。英語が苦手な私や『あの人』にもお勧め
  • インストールすると、Firefoxの右下に国旗のアイコン出来てるので、そこをクリック
    Firefox画面右下画像
  • 上ににょ〜んと国旗が沢山出てくるので言語を選択
    言語選択画面
  • 文章を翻訳しようとする場合、文章をドラッグして範囲選択すると、ウインドウが現れる。
    『hover yout mouse』のとこへマウス持っていく
    ウインドウ出現
  • タブが現れるので、その中で『Google』をクリックすると
    翻訳結果が表示されてる
    タブウインドウ画面
  • 単語の発音知りたい時は、
    単語を選択して、ウインドウ表示されるので、
    スピーカーアイコンをクリック
    スピーカーアイコン画面

コピペが大量に必要な場合などは、「ウザッ!」ってなるでしょうから、右下の緑丸/赤丸のボタンでオン/オフ切り替えると幸せになれそうです。

FirefoxとかVimperatorとかのメモ

Firefoxの2と3を同時に入れて使ってたんだけども、どうも調子が最近わるかった。
ついカッとなって、一度アンインストールして再度インストールしなおしたのでメモ。

まずはアンインストール

あ、Macの場合ね

  1. ~/Library/Application Support/Firefox を削除
  2. /Applications からFirefox を削除

Mozilla Japan – Firefox サポート – インストール手順 – Mac OS X←ここの製品の削除 (アンインストール)
Windowsの場合は、Mozilla Japan – Firefox サポート – ナレッジベース – アンインストール方法 (Windows)

久々に素の(アドオンとかなし)Firefox使ってみる

いやいや速いわ。
これで開発用とブラウジング用って分けなくていいといいな。と感じた。

少しづつアドオン(拡張機能)入れてみる

起動も思ってたより速い気がする。
デフォルトブラウザをFirefoxにしてみようかな。

ということでデフォルトブラウザの変更

Macの場合、デフォルトブラウザの設定は、Safariの環境設定の中にある

Mac OS X 10.3: デフォルトのメールソフトや Web ブラウザアプリケーションを変更する方法

Vimperator

前から一応入れてたんだけど、あんまり使ってなかったVimperator
この機会にちょいと触ってみる。
~/.vimperatorrc というのを作って、そこに設定書き込めばいいんだな。この辺もvimライクなんだな。
Vimperator乳幼児のオレは、.vimperatorrcに

と書いた。
こうすると、ツールバーが出てくる。画像系のアプリとかも使っててマウスがっちり使ってるときはこっちが便利だもんね。
これだと非ギークのオレでも使いやすいかも。

あと、wildoptions=autoとcomplete=lが凄い件 – Dis Communication – 符号無しとか真似て

j k の移動量増やした

めも – .vimperatorrcで設定していること真似て

問題はキーバインドとWebアプリ

キーバインドは確かにめちゃ便利。しかしWebアプリなどでキーバインドがあるモノだと衝突する。
プラグインとかで解決するみたいね。
プラグインは、~/.vimperator/plugin というフォルダ作ってそこに突っ込めばいいのか。
CodeRepos::Share – Trac

それでも、Google Readerとか今ひとつ難しいね。
vim戦闘力 – 地獄の猫日記
こうなるとギークの世界だなw
Google Experimental search Keyboard shortcuts とかもどうすればいいんだろ?
fだと2手増えるし。

SEO対策がFirefoxで簡単にできるようになる「SEO for Firefox」

これまでは、RankQuest SEO Toolbarというアドオンをインストールしてました。
けど、高機能すぎて?よく使い方わかんないし、ツールバーの面積は取るしで、あんまし使ってなかったんです。
SEO専門の方には、いいのかも知れませんが。
SEO for Firefoxをk氏に教えてもらいました。
これは、切り替えもウインドウの右下のロゴで切り替えもできるし、いいっ!
GIGAZINEの記事よりSEO対策がFirefoxで簡単にできるようになる「SEO for Firefox」