タグ: application

LaunchBar5が便利すぎでBeta終わったら購入しないといけない気がする件【LaunchBar5 Beta】

タイトルがほぼ全て
わかばマークのMacの備忘録さんがよくまとまっている。
わかばマークのMacの備忘録 : tag – LaunchBar
自分では、ほんの一部の機能しか使ってない自信があるがw、それでもめちゃくちゃ便利と感じている。
マルチクリップボード機能があるので、PTHPasteboardは使わなくなった。

今更MacBookでリモコンでプレゼンのメモ的な何か

大人数を前にしてのプレゼンの可能性があるので、リモコンでプレゼンできないかな?と今更調べてみた。

そういえば、堀内さんって、マウス使ってたよな

FWWのイベントにも良く来て頂いている堀内さん。
マウス使ってたような気がするな〜。ってことで調べてみる。

Microsoft Wireless Notebook Presenter Mouse 8000
よくできてるっぽい。
持っていった先で、マウスとしても使えるし、リモコンにもなるし、便利だよね。
しかし、オレには高い。

そういえば、Apple Remote持ってるんだった

オレ的には、ほとんど使った事ないApple Remote。コレ使えるんじゃないの?
ということで調べてみる。

Keynoteだと普通に使えるんだな〜

実際に使ってみると、何の設定もなく、普通に使えた。
しか〜し、今回も、Keynoteじゃなくて、高橋メソッドなプレゼンツール in XUL リターンズを使いたいんだよな〜。
ってことでググる。

MOONGIFT: » Apple Remoteを活用「iRed Lite」:オープンソースを毎日紹介という記事を発見

とにかく、iRed Lite- Takes Apple Remote Further –でダウンロードしてきて、インストール。
当たり前に英語のマニュアルと、チュートリアルなので、(読もうとしても時間かかるので)いきなり使ってみる。
起動すると、メニューバーになんか出て来た。
メニューバー
Show Editorしてみる
Show Editorしてみる
MOONGIFTさんに載っているのと同じような画面が出て来たぞ。
Show Editor画面
『Layer』っつーのでアプリケーションをコントロールするのか?ん〜?ということで
『New Layer』からFirefoxを登録してみる
Show Editor画面2
とりあえず、『戻る』と『進む』があれば、なんとかなるなということで、設定してみる。
Show Editor画面3
Show Editor画面4
実際にスライド動かしてみる
「こいつ・・・、動くぞ」とか言いながらも、ちょっと反応がにぶいかな?と思う。

そういえば、WiiリモコンでMac操作とかのblog記事見た事あるぞ。

ということでググる。
なんか沢山ヒットするじゃねーかよ。

DarwiinRemoteっつーのがあるんだな。
しかも作った人日本人じゃんか〜。
DarwiinRemoteをここからダウンロードしてみる。
おっ!既に0.7なのね。早速インストールして起動してみる。
DarwiinRemote画面1
もうこの時点でカッコいいw
またもや、何も読まずに触ってみる。
そういえば、Bluetoothを切ってたんだった。
ってな訳でBluetoothをonにしてみる。
DarwiinRemoteの画面で『Find Wiimote』ってあるじゃん。
ということで押してみる。が何も起きない。
あ、Wiiリモコンお約束のあれかな?と思って、1ボタンと2ボタンを同時長押し。
Wiiリモコンのランプの点灯具合が変わったので放してみると、認識しているようだ。
DarwiinRemote画面2
「電池の残量少ないじゃん。」「つかそういうのもわかるんだね〜」とか思いながらも操作してみると、この時点で操作もできてる。
ここでお約束の環境設定を開いてみる。(コマンド+,)
「設定が保存できるみたいだな〜」とか思いつつ、『Add』ボタンを押してみる
今回の目的は、高橋メソッドなプレゼンツール in XUL リターンズを使うのだ。
適当な、設定名を入れて、下記のように設定してみた。いじったいのは、『Wiimote』タブ部分のみ

Up
Up
Left
Left
Right
Right
Down
Down
A
Left Click + ↑
B
Toggle Mouse(Motion)

Key + w + コマンド

DarwiinRemote設定画面
Aボタンは、高橋メソッドなプレゼンツール in XUL リターンズでリンクをクリックと、線を画面に引く時に使いたかったのだ。
Bボタンは、モーションがちょっとじゃじゃ馬的なところもあるので、ON/OFFのトグルに設定した。
リンクを開いた画面を閉じたかったので、-ボタンに、コマンド+wを設定した。
これは使える。ボタンとかの反応も素早い。「こ、こいつ速いぞ」
Apple Remoteよりも、「つかみはOK」状態にしやすいかも。
モーションセンサーは、ねじって使う感じだと使いやすいかも。
ってなことバッカリやってたので、企画書の方は進んでないorz

MacBookの個人的なメモとか 〜たぶんどーでもいいこと〜 #2

メモり交換

注文していたメモリが来たので早速交換。iBook時代から考えると、交換も楽勝。
注文してたのは、2GB*2枚で、送料込みで1万円しないというモノ。
着いたのは、Transcendでちょっと幸せ気分。
Remberというテスターで一応調べたけども異常なし。
512MB*2枚の時は、parallelsとFireworks、Dreamweaverあたりで作業していると、スワップファイル作りまくり虹色なりまりで仕事にならんな〜。って感じだったけども、これならなんとかなるかな。ひと安心。

Mac OS X 10.5 “Leopard” Spaces

Spacesが便利そうだけども、まだ慣れていないw
慣れたら便利であることは間違いなさそう。

インストールしたものとか

  • LaunchBar

    これ入れてないMac使いたくない。最初に入れた。

  • Mailplane

    Gmailクライアント。複数アカウント持ってる人は便利かも

  • Adobe Creative Suite3 Web Premium

    これないと生きていけない。インストールに時間かかる。

  • Adium

    メッセンジャーとかの統合ソフト

  • NeoOffice

    Macはこっち使ってる。Patch 11はヒラギノの行間がおかしい?みたいなので当ててない。

  • Coda

    気が利いてるエディタ

  • CotEditor

    ベースはシンプル、使いこなせば強そうなエディタ(使いこなせてないけどもw)

  • CSSEdit

    CSS書くのは、これが一番速い(当人比)

  • eclipse

    メモリを4GBにした記念にインストール

  • Camino

    Safariが速いので現在ブラウジングはSafari

  • Colloquy

    IRCクライアント

  • Carbon Emacs

    使えもしないのに見栄を張ってインストール

  • iTerm

    Terminal使うから使わないけどもインストール

  • Transmit

    FTPはこれ。スピード速い

  • MacPorts

    インストールに時間がかかる。固まったかと思った。

  • IE5.2.3

    ここまで対応はそんなにないだろうけども一応

  • PTHPasteboard

    マルチクリップボードソフト

  • Thousand

    シンプルな2chブラウザ

  • TextWrangler

    主にdiffとかで使用

  • MAMP

    やっぱり便利

他にもあるんだろうけども、今日はこの辺で

関連エントリ
Nishiaki’s Log: MacBookの個人的なメモとか 〜たぶんどーでもいいこと〜 #1

Adobe®さん高すぎないですか?

Creative Suite® 3 Web Premiumが米国で$499だったから、
「こりゃあ当然アップグレードしないとな。」とか思ってたら、111,000円?
日本語へのローカライズあるとしても、そりゃあちょっと高すぎんですか?
$1が220円?いつの時代?
そりゃあ、Intel Macの人は、CS3にしたいよー。
しかし、足下見過ぎじゃないですか?今回アップグレードしたらもうAdobe®製品買うのやめようかな。
とちょっと思った。
割れざー減らないに1票。

2007年6月11日追記
基本的に、Adobe®製品好きです。なかったら生きて行けません。という『愛』があって書いております。