タグ: マインドマップ

「これからはマインドマップはXMindでしょ」という受け売り

FWW_サイト運営・管理研究会(仮)のvol.3 in AIPcafe 2008/11/23 に参加してよかったことのひとつ。
FreeMind使ってたら、やいぶさんXMindいいですよ!と教えてもらった。
存在は、いろんな方のBlogで知ってたけども、「人柱の重要意見キタコレ!」ということでその場でインストール。
MOONGIFTさんの記事によると

機能が相当多いことに加えて、WindowsやMac OSX、Linuxでも動作するとなれば使わない手はないだろう。ベースとしてEclipseが用いられている点も見逃せない(元々のEclipseにプラグインとして追加もできるようだ)。

ということらしいよ。
MOONGIFT: » チェック必須!ブレーンストーミングやマインドマッピングで役立つ「XMind」:オープンソースを毎日紹介
XMindのダウンロードは、下記から。

何が優れているか?

  • まず見た目がそそる。
    デフォルトでも下記画像みたいになる。
    XMind全体スクリーンイメージ
  • さらに、マーカーもいい感じのが用意されている。
    右側のボックスのMarkersっていうところから簡単に挿入可能。
  • スタイルも選べる
    これも右側のボックスのStylesというとこから変更可能。
    XMindのStylesスクリーンイメージ
  • 1ファイルで複数シートが管理可能。
    1案件1ファイルとかやればファイル探す手間が少なくなるかも。
  • 簡単に構造の見た目が変えられる。
    Omuni Graffleも同様なことができるが、XMindもできちゃう。
    まず、メインの画面で、なんか選択する。※ここ重要!これでアレ?とかなっちゃう。
    そうすると、右側のPropertiesにStructureが出現する。
    XMindのStructureスクリーンイメージ
    ここで例えば、Tree(Right)を選択すると
    XMindのTree(Right)スクリーンイメージ
    こうなる。
    サイトマップとかの説明図にも利用できそう。各種形式でエクスポートもできますよ。

これまじで、Omuni Graffleアップデートしなくなる予感。