タグ: ことえり

オレなりの結論としてMacのことえり使いは、山葵辞書使うべきだと思う

まずは、現在のことえりの辞書を見直そうと思った

そういえば、以前書いたことえりのエントリに対して、ことえり用「山葵辞書(シェアウェア)」「山椒辞書(フリーウェア)」 の作者の行伝さんから山葵辞書のモニターを頼まれてたんだった(汗
すっかり遅くなっちゃいました。行伝さんスイマセン。

統合しても良さそうなんは、統合。いらんのは捨てる。

この辞書を入れ替えるタイミングを機に、辞書の整理もしてみようと思った。
ことえりの自動学習辞書は、

にある。
これを調べて必要な分だけ合体しようと思った。
この手順については、[N] 変換候補がおかしくなった「ことえり」を直す方法を参考にやって、テキストに書き出してみた。

  1. まずは、ことえりの『単語登録/辞書編集』を呼び出す
    画面:ことえり呼び出し
  2. 一時的に『LearningDictionary.dict』の辞書を入れ込むユーザ辞書(一時辞書)を作成
    画面:新規ユーザ辞書の作成
  3. 上記の辞書(一時辞書)に、『LearningDictionary.dict』を読み込ませる
    画面:『LearningDictionary.dict』を読み込ませる
  4. 一時辞書からテキストに書き出す
    画面:テキストに書き出し
  5. 登録語数が多いと意外と時間がかかる
    画面:書き出し中

結論
『LearningDictionary.dict』はいきなり捨ててもOK(オレの場合)
各自自己責任で!
理由としては、ほとんど自分の辞書に登録されているのばっかりだった。
誤変換のも残っているので、日頃からちゃんと辞書登録してる人は、捨てても良さそう。

他の辞書も上記同様にして、テキストに書き出して確認してみた。
んで、統合しとくか〜というのは、統合した。

山葵辞書をインストール

久しぶりにことえり辞書扱うので、スッカリ忘れているのでメモ

  1. ユーザ辞書のありかは、

    画面:ユーザ辞書
  2. ダウンロードして解凍したファイルを上記フォルダにドラッグドロップ
    画面:山葵辞書ファイル
    ※山葵辞書の解凍には、パスワードが必要です。
    ※パスワードは、山葵辞書をダウンロードし、解凍してできたReadMe.htmに書いてある振込先に振込みして、メールしてもらってください。
    現在は、ベクターのシェアレジに一本化しているらしいです。
    ベクターのページ→ことえり「山葵辞書」(Macintosh / 文書作成)
  3. ここでユーザ辞書の中に、山葵辞書が出てきてなかったので、再起動。
  4. 再起動後は、ユーザ辞書に出てきたので、『ことえり環境設定』を呼び出して優先順位の入れ替えを行った。
    画面:ことえり環境設定を呼び出す
    画面:ことえり環境設定
  5. そして、さらに再起動。

途中わざと、ユーザ辞書なしの状態で日本語を入力してみたら、ことえりの変換があまりに間抜けで面白かった。
オレの場合、いきなりフリーの山椒辞書入れて使ってたけども、ユーザ辞書なしの状態はやっぱり凄すぎる。
山椒辞書→山葵辞書の移行の感想は、フリー版の山椒辞書に比べても穴がないというか、そつがなくかなり満足できる。
日本語入力をそれなりに行う人であれば、999円の元はすぐ取り返せるだろう。
これ、お試し期間があって、それ過ぎたらパスワード入れないと使えない仕組みとかになったらもっと普及しそうと、作者の行伝さんにメールしたんだけども、プログラムは専門分野ではないので、「山椒辞書(=山葵辞書お試し版)」とさせて頂いております。とのこと。
なんかもったいなさ過ぎる〜。凄くいいのに〜。
山葵辞書の良さを実感して、「それ位、ちょちょいと作りますよ」なんて誠意あるプログラマの方いたら、作者の行伝さんに連絡してみてくださいな。

ググっている途中に、山葵辞書の他にも素敵な辞書を発見

【辞書】作業効率化の重要ポイント【IDE、テキストエディタ、環境問わず】

FWW_サイト運営・管理研究会(仮)でもちょっと話題になったりした。他の勉強会でも紹介すると受けがいい。
それは、辞書機能。
Windows、MacそしてたぶんLinuxにもある。よくわからんけどw
頭のいい日本語入力システムやブルジョアな辞書を使うのもいいでしょう。

ことえり

メインマシンであるMacBookは、ことえりをそのまま使ってます。
ことえりは、自動的に学習する機能があるので、文節ごとに変換するよりは、
ある程度長めに打って変換する方が学習機能が鍛えられる傾向にあるようです。
これは、個人的な主観なので詳しい事はわかりませんw
そのままでは、ことえりはちょっとおバカなところがあります。
そこで、山椒(さんしょう)辞書というのを使わせてもらってます。
下記のページの中の 山椒(さんしょう)辞書(以前の「山椒辞書お試し版」)というやつです。
ことえり用「山葵辞書(わさびじしょ:旧山椒辞書)」について
ちなみに、辞書ファイル晒すと、

こんな感じです。
辞書ファイルの作り方とかは、↓が参考になると思います。
Macintoshことえりユーザ辞書/単語登録/自動学習辞書LearningDictionaryの内容/

んで辞書に何入れるの?

ここからがやっと本題チックな内容なんですが、もう思いついたら何でも入れちゃいましょうw
スニペット的な感覚でガシガシ入れてます。
参考例をいくつか上げますと

『い』

いつも大変お世話になっております。

『お』

お疲れさまです。

『よ』

宜しくお願い致します。

『に』

西嶋です。

『ぢ』(日本語入力でdiと入力)

『p』(日本語入力でpと入力)

『sp』(日本語入力でspと入力)

『dl』(日本語入力でdlと入力)

『dt』(日本語入力でdtと入力)

『っd』(日本語入力でddと入力)

『うl』(日本語入力でulと入力)

『おl』(日本語入力でolと入力)

『り』(日本語入力でliと入力)

『あh』(日本語入力でahと入力)

『う』(日本語入力でuと入力)

こんな調子で。
変換しにくい個人名とか団体名とか特に有効だと思います。
これとマルチクリップボード組み合わせるとかなりいけてるでしょう。