MAMPにMovableTypeをインストールするメモ【主にあの人用】

RさんのローカルマシンでMovableTypeをなんとか動かそうとしたときのメモ。
MAMP+SQLightを使用します。
MAMPなのにMySQL使わないの?と思う人もいるでしょうが、
DBD::MySQLでちょっとメンドクサイ。
目的は、「ローカルで動く環境作って、MTのテンプレートを作成したい。」
ローカルでデータも作ってデータベースのデータも実際の環境に持って行ってとかの目的ではありません。
CPAN?何それ?みたいな人でもインストールできるかも。
Macには最初からApacheも入ってますが、MAMPを使ってます。
ApacheのDocument Rootの切り替えもGUIで操作可能だからです。
いちいち、httpd.confを修正してとかメンドクサイ。
MAMPのApache Document Root 操作画面
複数のサイトをカンカン切り替える必要のある人には、便利だと思います。
制作するサイトのファイルを置く場所ですが、私は、~/Sites以下にディレクトリ作って置いてます。
MAMPの中のhtdocsやcgi-binは使用してません。
MAMPがバージョンアップとかしても、MAMPフォルダを捨てて、新しくインストールする場合や、
MAMP自体の動作がなんか変とかいう場合でもMAMPフォルダごと思い切って捨てちゃえるからです。
やったことはたぶん下記の通り

  1. MTのファイルをダウンロードする
  2. 解凍してできたフォルダの名前を変える
  3. 上記のフォルダを制作サイトの作業フォルダに移動
  4. 2.のフォルダの直下のcgiファイルの属性を755に
    Transmitから変更すると簡単だよ〜Rさん
  5. 2.のフォルダの直下に下記の内容の.htaccsessを作成
  6. 2.のフォルダの直下にdb/mt.dbというフォルダとファイル作成
  7. 上記のファイルの属性を777に
  8. /Applications/MAMP/conf/apache/httpd.confの
    AddHandler cgi-script .cgiのコメントアウトを消す
  9. MAMPにてApache再起動
  10. 2.のフォルダのmt.cgiにブラウザからアクセス
    http://nishiaki.probo.jp/hoge/mt.cgiってな具合で
  11. インストールウィザードに従って進む
  12. メール送信とか無視

なんか抜けとかありそうな。でもまあこんな具合。

LaunchBar5が便利すぎでBeta終わったら購入しないといけない気がする件【LaunchBar5 Beta】

タイトルがほぼ全て
わかばマークのMacの備忘録さんがよくまとまっている。
わかばマークのMacの備忘録 : tag – LaunchBar
自分では、ほんの一部の機能しか使ってない自信があるがw、それでもめちゃくちゃ便利と感じている。
マルチクリップボード機能があるので、PTHPasteboardは使わなくなった。

ファイルのコピーを連番で繰り返し行うときのメモ【シェルスクリプト】

同じファイルが連番で欲しかった。
普通あんまりないシチュエーションかも。
test.shというのを作った。
実行権限与えんといかんから、ターミナルで該当ディレクトリまで移動して

test.shの中身は、下記の通り

hoge_0.pngを基にしてhoge_1.pngからhoge_10.pngまでコピーしてくれるはず。

jQuery1.3リリースと注意点とかのメモ

コリスさんで発見
[JS]jQuery 1.3 リリース、主な変更点など | コリス
Release:jQuery 1.3 – jQuery JavaScript Library
上のページのベンチマーク通りならかなりのパフォーマンスアップじゃないか!
しかし待てよ。
コリスさんとこの訳によると、

ready()は、スタイルシートがロードされるのを待つことを保証しません。
全てのスタイルシートは、スクリプトの前にページに配置してください。

まあ、ここはCSSを先に書いちゃえばいいんだな。そこまで問題ないでしょ。

Standards modeで、ページを作成してください。
Quirks Modeで動作しない周知の問題があります。

問題は、ここだな。
IE6って、xml宣言入れたらQuirks Modeだからそこ要注意じゃないっすか!
まあUTF-8とかが多いから、そのときは、IE6のときだけxml宣言外す方向性かな〜。

【rbash】CORESERVERにsshログインするメモにメモるの忘れてたこと

そういえば、最初は、制限付のrbashとかいうヤツだった。
南船北馬 – CORESERVER

【汎用性なし】グローバルナビにCurrentというクラス名を付加するjQuery

自分用のメモ
グローバルナビにCurrentというクラス名を付加するjQuery
第2階層であることが前提の汎用性なしjQuery

Apple User Group Meeting in OITA 2009参加登録開始

Apple User Group Meeting in OITA 2009が開催されるらしいです。

2007年2008年と開催されてて、どちらも盛り上がってるみたいですね。
週末なので、イベント参加→温泉でリラックスとかいいかもしれません。

肩書きと技量と仕事

今、私の名刺の肩書きは、『Webデザイナー』にしているんですが、
先日、合った代理店の方に仕事の内容をご説明したところ「プロデューサーとかコンサルが良くないですか?」と指摘して頂いた。
自分自身の中では、結局仕事してみての判断になると思うので、肩書きとかどうでもいいなと思ってるですよね。実は。
クライアントさんがらみで、新規で出来たばかりというWebサイトを2つほど目にしたんですが、
どちらもちょっと・・・ありえないと感じた。
ひとつは、インターフェースのデザインというかグラフィック自体は悪くはないので、
想像するに、企画したりコンテンツ決めたりする部分と、インターフェースをデザインから実装するときが悪いのかな?
と勝手に妄想。
もうひとつは、全体的にプロの仕事ではない雰囲気。
でも大手の代理店さんが絡んでいるらしい。
どうしてそうなっちゃったんでしょう?
上記のサイトを見れば見るほど、
「こんな人たちがいると、Webの業界の印象が悪くなるんじゃないか」とか考えて、
自分自身の中でどんどんエキサイトしてしまいました。
『愛』が感じられんのですよ。『愛』が。
それはクライアントさんに対する『愛』だったり、
閲覧するユーザーに対する『愛』だったり、
Webそのものに対する『愛』だったり、ラジバンダリ(今更?)
Webサイト作るってーことは、WebなんですよWeb。
SEOの内的要因とか、興味あって調べたりするの当たり前でしょ。Webなんだから。
Webというのは昨今では様々な技術が必要になってくることも多いです。
しかも、ガンガン進化してる。
全てのことに精通しまくっているというのは無理な話ですよね。
弱い部分は弱いと言える正直さや勇気と
自分たちが弱い部分に関して強い人を知っているというコネクションが大事なんじゃないかと。
確かにWeb、特にシステム周辺の技術は、一般の人には「ぱっと見」わからない部分も多いですし、
企業規模が小さめのクライアントさんの場合は、Webまわりのことが本当にわかる人がいない場合もあります。
じゃあ、どう対処したらいいか?考えちゃうとこれまた難題。
相見積取って金額だけで判断しちゃうと内容にバラツキがありそうですしね・・・。
やっぱりクライアントさんの担当者さんに頑張って頂いて、Webまわりのことに少しでも詳しくなって頂いて、
判断する眼を養ってもらうのがいいのかもしれません。
私も関係しているサト研ではクライアントの担当者さんの参加も絶賛大歓迎中です。
「お前の場合はどうなんだ?」と自問自答してみると、
HTML/CSSに関しては、実はかなり自信あって(笑
戦略考えたり、情報の整理したり考えたりするのも実はかなり大好き。
それ以外も浅く広く勉強してる。でもまだまだやりたいこと沢山あるな〜。
どうせ仕事ってしないといけないじゃないですか。
どうせなら、夢があったり面白かったりする仕事したいっすね。
そういえば、一番最初に書いた、代理店の方はちょっとだけご一緒に仕事させて頂いたところ、
お仕事の内容は、立派な「コンサルタント」でも肩書きには「ディレクター」なんですよね。
他にもご一緒させて頂いているシステム会社の方とかもそこいらのWebデザイナーさんより
正しく綺麗なHTMLを書く方もいらっしゃる。
益々肩書きとかどうでもいいな。と思っちゃったりもするんですが、
対外的には、わかりやすいのがいいよね〜とかも考えるし。
オレの仕事内容詳しい方、オレの肩書きどうしたらいいっすかね?

福岡で働くWebの人々(FWW)のサイトリニューアル

福岡で働くWebの人々 | 福岡のWeb制作現場で頑張っている皆さんを応援するコミュニティ
弊社(株式会社プロボ)もHTML/CSSの部分などでお手伝いさせて頂きました。
私、西嶋の名前しか出てない記事もありますが、ベースのコーディングは、弊社の興梠さんにやってもらいました。
工夫したポイントとかは、私か興梠さんが、FWWのサイトのブログとかでも書くと思います。
HTML/CSSのコーディングも、まあそこそこいけてると思います(笑
お仕事のご用命は、a-nishijima@probo.jpまでお気軽に。