月別: 2010年3月

Mac OS X Snow Leopard の QuickTime X では画面収録が出来るって意外と知られてないかも

Mac OS X Snow Leopard の QuickTime X では画面収録(動画)ができる。
もちろんQuickTimeProとかではなく、普通に入っているQuickTime Playerで。
iMacやMacBook,MacBookProとかだとマイクもあるので、喋りながら収録できて便利。
よくあるアプリの説明の動画とかがすぐできちゃいます。

  1. QuickTime Playerを起動する
  2. 【ファイル】-【新規画面収録】
    画面イメージ:【ファイル】-【新規画面収録】
  3. 画面収録の黒いウインドウが出現する
    画面イメージ:画面収録ウインドウ
  4. 真ん中の赤の白丸ボタンを押す
    画面イメージ:画面収録ウインドウ詳細
  5. 【収録を開始】ボタンで当然収録開始
  6. 停止する時は、メニューバーの右上に現れる【収録を停止】ボタンを押す
    画面イメージ:【収録を停止】
  7. 収録したファイルは、【画面収録 *.mov】というファイル名で home/Movies に入る
    画面イメージ:収録したファイル

あとは必要に合わせて編集したり、書き出したりすればいいんじゃないでしょうか。
ブログは文章書いたり、画面キャプチャーしたりが意外とあれなので、動画とかも多様しようかな。