月別: 2009年4月

WordPress勉強会in福岡に行ってきた

WordBenchの中の人であり、有名なWordPressのフォームプラグインContact Form 7の作者であるMiyoshiさんが主催されたWordPress勉強会in福岡に行ってきた。
レポートは、こちらが詳しいw

いつものように雑感

  • 作者さんから解説聞けるとは贅沢だ
  • こういう勉強会もまたありがたい
  • フックはactionとfilter
  • プラグイン作成時はwp-includes/formatting.phpとかwp-includes/pluggable.phpは読んどけ的な
  • プラグインAPIの日本語ドキュメント充実してるじゃんかよー
  • プラグインでDB扱うには、add_option(),get_option(),update_option()
  • それだけ、ページビューあったらビジネスにならんものやろうか?
  • それだけダウンロード数あったらビジネスにならんものやろうか?
  • CMS関連でいつも思うのは、どれもそれなりに良さがあるので、一般的な最適解とかナンセンス。
    どれもよくできてるんだもんね。プロジェクトによっておすすめは違うな〜やっぱ。
  • 皆さん今後もよろしくです。

Movable Typeでの開発環境と本番でのテンプレートの差をなくす

昨日、2009年4月19日(土)にAIP cafeにてFWWサイト運営・管理研究会(仮)vol.6【通称:サト研】が、FWD(福岡Webデザイナーズ)と合同で、またもやなんとなく行われた(笑
今回も、初参加の方もいたなな〜。詳しいレポは、他の参加者の方がBlogに書くでしょう。(ここ他力本願で)
次も、これにめげずに、是非参加してください。
今回も参加して収穫沢山あったよ〜。MODxは、もうちょっと頑張っていじってみるかな〜。iPhoneもやらんとな〜。
そのときのMovable Type小ネタ。

Movable Typeでの開発環境と本番でのテンプレートの差をなくす

Movable Typeのカスタマイズの開発するときは、場合によっては下記のようなアドレスになるんじゃないかと。
デモ環境がサブドメインとか用意できたら、いい話なんでしょうけども、そういかない場合もあるし。

  • ローカルでの環境(例:http://nishiaki.probo.jp/)
  • デモ環境(例:http://hoge.com/demo/)
  • 本番環境(例:http://hoge.com/)

そんで、それぞれサイトルート相対パスでテンプレートを記載しちゃうと、デモ環境の例だと↓

を本番環境の例だと、↓

とかいう風に書き直さないといけなくなる。
せっかくOKなのを書き直すのもアレなので。
ホームというか、サイトルートが1番目のブログとして、

とか書いてます。
そうすると、ローカル、デモ、本番関係なくいけるよね〜。っていうそれだけ。

MTテンプレートタグ内でのコメント

MTテンプレートタグでも条件分岐とかやっちゃって後で見たり、他人が見るとわかりづらい。
MTIgnoreというのがあるよ。

ってな具合で使ってるよ

Movable Typeの条件分岐は入れ子できる

そのまんま。入れ子にできるから複雑なのも書けるよ

MTElseとかは閉じタグなくてもいけちゃうよ

どうしてかは、知らないけども。
MTElseIfとかMTElseは閉じタグなしでもいけちゃう
MTIf | テンプレートタグリファレンス

制作実績のご紹介(株式会社シャノン様)

皆さんご存知かどうかはわかりませんが、実はWeb制作をやってます。単なる変なおじさんではありません。
という訳で最近の実績をご紹介します。
セミナーの受付、管理システムであるASPサービス『スマートセミナー』を展開されている株式会社シャノン様
Webサイトのリニューアルのお手伝いをさせて頂きました。
画面イメージ:シャノン様Webサイト
シャノン様のご担当者の方が、バックログをお使いになられてまして、
バックログもお手伝いさせて頂いています。つかBlogも書いているんだった(汗
「バックログがいいと思ったので、お願いしたい。」ということで実現したお話。
いや〜こういうのって、素直に嬉しいですし、誠にありがたい。
ということで、今回もインターフェースデザインをお願いしたのは、高田さん
コーポレートカラーを上手に使って、『セミナー・イベントの管理システムのリーディングカンパニー感』
というのが表現できたかな〜と思います。
この案件では、プログラムが必要な部分以外は、
サイト全体をMTOS: Movable Type オープンソース・プロジェクト | MovableType.jpにて管理させております。
これによって、今後コンテンツの充実にご注力頂けるのではないか?と期待しております。
より成果が出るWebサイトになるように、今後もお手伝いさせて頂ければと思っております。
B2Bのマーケティング戦略において、セミナー・イベントを実行/計画されている方は、一度ご相談されてはいかがでしょうか?

オレなりの結論としてMacのことえり使いは、山葵辞書使うべきだと思う

まずは、現在のことえりの辞書を見直そうと思った

そういえば、以前書いたことえりのエントリに対して、ことえり用「山葵辞書(シェアウェア)」「山椒辞書(フリーウェア)」 の作者の行伝さんから山葵辞書のモニターを頼まれてたんだった(汗
すっかり遅くなっちゃいました。行伝さんスイマセン。

統合しても良さそうなんは、統合。いらんのは捨てる。

この辞書を入れ替えるタイミングを機に、辞書の整理もしてみようと思った。
ことえりの自動学習辞書は、

にある。
これを調べて必要な分だけ合体しようと思った。
この手順については、[N] 変換候補がおかしくなった「ことえり」を直す方法を参考にやって、テキストに書き出してみた。

  1. まずは、ことえりの『単語登録/辞書編集』を呼び出す
    画面:ことえり呼び出し
  2. 一時的に『LearningDictionary.dict』の辞書を入れ込むユーザ辞書(一時辞書)を作成
    画面:新規ユーザ辞書の作成
  3. 上記の辞書(一時辞書)に、『LearningDictionary.dict』を読み込ませる
    画面:『LearningDictionary.dict』を読み込ませる
  4. 一時辞書からテキストに書き出す
    画面:テキストに書き出し
  5. 登録語数が多いと意外と時間がかかる
    画面:書き出し中

結論
『LearningDictionary.dict』はいきなり捨ててもOK(オレの場合)
各自自己責任で!
理由としては、ほとんど自分の辞書に登録されているのばっかりだった。
誤変換のも残っているので、日頃からちゃんと辞書登録してる人は、捨てても良さそう。

他の辞書も上記同様にして、テキストに書き出して確認してみた。
んで、統合しとくか〜というのは、統合した。

山葵辞書をインストール

久しぶりにことえり辞書扱うので、スッカリ忘れているのでメモ

  1. ユーザ辞書のありかは、

    画面:ユーザ辞書
  2. ダウンロードして解凍したファイルを上記フォルダにドラッグドロップ
    画面:山葵辞書ファイル
    ※山葵辞書の解凍には、パスワードが必要です。
    ※パスワードは、山葵辞書をダウンロードし、解凍してできたReadMe.htmに書いてある振込先に振込みして、メールしてもらってください。
    現在は、ベクターのシェアレジに一本化しているらしいです。
    ベクターのページ→ことえり「山葵辞書」(Macintosh / 文書作成)
  3. ここでユーザ辞書の中に、山葵辞書が出てきてなかったので、再起動。
  4. 再起動後は、ユーザ辞書に出てきたので、『ことえり環境設定』を呼び出して優先順位の入れ替えを行った。
    画面:ことえり環境設定を呼び出す
    画面:ことえり環境設定
  5. そして、さらに再起動。

途中わざと、ユーザ辞書なしの状態で日本語を入力してみたら、ことえりの変換があまりに間抜けで面白かった。
オレの場合、いきなりフリーの山椒辞書入れて使ってたけども、ユーザ辞書なしの状態はやっぱり凄すぎる。
山椒辞書→山葵辞書の移行の感想は、フリー版の山椒辞書に比べても穴がないというか、そつがなくかなり満足できる。
日本語入力をそれなりに行う人であれば、999円の元はすぐ取り返せるだろう。
これ、お試し期間があって、それ過ぎたらパスワード入れないと使えない仕組みとかになったらもっと普及しそうと、作者の行伝さんにメールしたんだけども、プログラムは専門分野ではないので、「山椒辞書(=山葵辞書お試し版)」とさせて頂いております。とのこと。
なんかもったいなさ過ぎる〜。凄くいいのに〜。
山葵辞書の良さを実感して、「それ位、ちょちょいと作りますよ」なんて誠意あるプログラマの方いたら、作者の行伝さんに連絡してみてくださいな。

ググっている途中に、山葵辞書の他にも素敵な辞書を発見