MAMPにMovableTypeをインストールするメモ【主にあの人用】

RさんのローカルマシンでMovableTypeをなんとか動かそうとしたときのメモ。
MAMP+SQLightを使用します。
MAMPなのにMySQL使わないの?と思う人もいるでしょうが、
DBD::MySQLでちょっとメンドクサイ。
目的は、「ローカルで動く環境作って、MTのテンプレートを作成したい。」
ローカルでデータも作ってデータベースのデータも実際の環境に持って行ってとかの目的ではありません。
CPAN?何それ?みたいな人でもインストールできるかも。
Macには最初からApacheも入ってますが、MAMPを使ってます。
ApacheのDocument Rootの切り替えもGUIで操作可能だからです。
いちいち、httpd.confを修正してとかメンドクサイ。
MAMPのApache Document Root 操作画面
複数のサイトをカンカン切り替える必要のある人には、便利だと思います。
制作するサイトのファイルを置く場所ですが、私は、~/Sites以下にディレクトリ作って置いてます。
MAMPの中のhtdocsやcgi-binは使用してません。
MAMPがバージョンアップとかしても、MAMPフォルダを捨てて、新しくインストールする場合や、
MAMP自体の動作がなんか変とかいう場合でもMAMPフォルダごと思い切って捨てちゃえるからです。
やったことはたぶん下記の通り

  1. MTのファイルをダウンロードする
  2. 解凍してできたフォルダの名前を変える
  3. 上記のフォルダを制作サイトの作業フォルダに移動
  4. 2.のフォルダの直下のcgiファイルの属性を755に
    Transmitから変更すると簡単だよ〜Rさん
  5. 2.のフォルダの直下に下記の内容の.htaccsessを作成
  6. 2.のフォルダの直下にdb/mt.dbというフォルダとファイル作成
  7. 上記のファイルの属性を777に
  8. /Applications/MAMP/conf/apache/httpd.confの
    AddHandler cgi-script .cgiのコメントアウトを消す
  9. MAMPにてApache再起動
  10. 2.のフォルダのmt.cgiにブラウザからアクセス
    http://nishiaki.probo.jp/hoge/mt.cgiってな具合で
  11. インストールウィザードに従って進む
  12. メール送信とか無視

なんか抜けとかありそうな。でもまあこんな具合。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です